2016年6月|Victoria州の免許証取得方法!

オーストラリアVictoria州の運転免許証取得までの流れ、必要なモノ、取得するのにかかった費用をまとめておきます!(まだ届いてないけどね!w)

(追記)2016年6月14日:免許証が届きましたー!やけど、いろいろおかしなことになってる。届いてからのこと→免許証届いたけれど…。|Victoria州の免許取得

documents

まず僕の状況について、

免許証は日本ですでに取得してて、取得してから7年くらい?経ってる。オーストラリアでの事故・犯罪歴も今のところない。ということですんなりことは進んだ。

必要だったもの

  • 日本の運転免許証
  • 日本の免許証の翻訳
  • 住所を証明する書類
  • パスポート
  • 銀行のカード
  • お金

かかった費用はー、

  • 日本で取得した免許証の内容を翻訳してもらうのに$23。

  • Vicroadsっていう、日本でいうとこの運転免許センターの予約するときに$17.40。

  • このVicroadsに行って支払う免許証の発行費用(3年有効の免許)に$76。

    *有効期間を3年にするか10年にするか窓口で聞かれる(有効期間10年のものは$260.40)。

交通費とかコピー代なんかを省くと、$116.4かかったってことか。

次に取得までの流れー。

まず日本の免許証の翻訳を依頼する!(急ぎの人はまずコレを!)

日本領事館(Consulate of Japan)
に行って、窓口で翻訳欲しいです!って言う。

日本人の職員さんでした。迅速丁寧な対応で、あー日本だなーなんて感じた。

  • 日本で取得した免許証
  • パスポート

この2点だけでおk。

そしたら出来上がって受け取れる日付が書かれたちいさな紙を受け取る。基本的に3営業日かかるそうです。ぼくは木曜日に行って次の火曜日の午前中に受け取りましたー。支払いは受け取りのときにお釣りなしの現金($23)で!

Vicroadsに予約の電話!

直接Vicroadsに行って窓口で予約もできるそうです。

ぼくは電話しました。音声ガイダンスで2回ほど押したら呼び出してー。どーせ待たされるんだろーなー、、、って思ったら数秒で繋がって、しかもいい感じのお兄さんが出たー!丁寧に話してくれてよく理解できた。

名前とか電話番号、住所を伝えた。予約するのにいくらか支払わなくちゃいけないんだけど、オーストラリアで銀行口座ある?って聞かれる。ある!って言う。そんで銀行カードの番号、有効期限、うらのセキュリティーナンバー3桁を伝える。

それから、どこのVicroadsがいい?って聞かれた。どこでもいいけどなる早で免許ほしいんです。って言ったら、混んでないところを探してくれた。なんと翌日でいけると。MelbourneからちょっとはなれたFrankstonってとこ(電車で1時間くらい…)で予約することに。午前中でもいいよ。って言ってたけど、免許証の翻訳とりにいくから午後にしてもらった。

電話の最中にテキストメッセージが届く。予約変更するなら24時間以上前にして、それと変更するならさらに$17.40かかるから。って内容と、場所と時間の予約内容。

このテキストメッセージに持ってくるものが書いてある。

アプリケーションフォームとあなたの国の免許書(英語で表記されてなかったら免許内容の翻訳もね)ってあるけどー。アプリケーションフォームは、わざわざプリントアウトして記入して持って行く必要はない。(わたしはプリントアウトして記入して持って行きましたけどね!Vicroadsに置いてあるし!ちょっと早めに行ってぱぱっと記入してしまえばいいよね!)

住所を証明できるなにかしらの書類!

これはー、Bank statementを用意した!ワーホリでいろいろと落ち着かない生活をしてる人にとって一番簡単に手に入るものなんじゃないかなー。

とっても簡単。パスポートと銀行のカードをもって支店に行って、住所変更お願いします!Bank Statementください!って言う。お金もかからない。とても簡単。ただ、今までの約10ヶ月分の大量のステートメントがでてきて困った。一枚だけでいいって言ったけど、1か0か、らしい。そのなかから一枚だけもっていけばおk(住所と名前が記載されているもの)。

これで必要な書類は揃った。

Vicroadsに行く!

着いたら受付でこうこうこうでって伝えると、名前呼ばれるまで椅子にかけて待っててーって言われる。そんで予約の時間になったー、(どーせ待たされるやろーって思ってたら)時間どーりに呼ばれたー。おじさんに記入したフォームと、パスポートと、日本の運転免許証とその翻訳と、銀行のカードを渡す。

数分待つ、有効期限を3年にするか10年にするか聞かれる。

おじさんの後ろにアルファベットが書かれたボードがあってそれの一番上を読んでみてー、って言われて難なくクリア。(最近視力がどんどん落ちていってるきがする、なんでやろーか。)

そんでお金を払う!カードで払う、Eftposでスムーズ。

それから、写真撮るからこっちきてーって、すぐさま撮るよー!って。鏡とか置いてない。まぁー、そんな気にせんからいいけど。

そんで終わりーって。10日くらいで家に届くからねー!って。

5分くらいで終わった…!

日本の免許証に穴開けられるとかいう情報をWeb上でみたので手続きの間注意して見てましたが、そんなことなかった。

対応も丁寧でフレンドリーでよかったー!日本の免許センターよりもやさしいぞ!

ともだちにめーっちゃくちゃ助けてもらった。メルボルンに着いて間もないし、これからどーしようか決めかねているところ。住所をかしてくれたり、取り方も教えてくれたー。ほんとーに助かった。ありがとう!

VicRoads←ここにぜーんぶ書いてあります。

以上、Victoria週での免許証を取得するまでの流れ、必要なもの!

(追記)2016年6月14日:免許証が届きましたー!免許証が届いてからのこと→免許証届いたけれど…。|Victoria州の免許取得

2016年6月|Victoria州の免許証取得方法!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です