免許証届いたけど…。|Victoria州の免許取得

2016年6月|Victoria州の免許証取得方法!これの続き。

免許証とどく。

先日、Vicroadsに行って手続き済ませて、待ちに待った免許証がついに届いた!

Vicroadsで手続きしたのが火曜日で、その翌週の火曜に届いた。(月曜がパブリックホリデーじゃなかったら月曜に届いていたと思ってる。)

友達の場合、中5日で届いたってさ。多分みんなもそれくらいで届くはず。

名前が間違ってる。

IMG_1232

よっしゃー!でもなんかおかしい。宛名の名前が間違ってる。

FURUKAWAのはずが、”FURUKA”になっとるー!

封筒を開けてみると、やっぱ免許証の名前も間違っとるやん、足りてないやん。

それにサインもちっさくて、ぐじゅぐじゅってなっててなんかよーわからん、下の方が切れとるし。(このサインは写真撮影の時にするサイン。黄色の枠の中に書かないと切れる。うまく書けるように練習しとくといいと。)

なんかうまいこといきすぎだと思ったよ。

そんなわけでVicroadsに。

今回はMelbourneのCity内にあるVicroadsに行った。

IMG_1230

Vicroads hub@exhibition

水曜の朝11時過ぎに行ったけど、全然混んでないやん。

入り口のおにーさんに、こうこうこうでー、って事情を説明する。チケット受け取って、
座って待っててーって。またいい感じ。(日本の免許センターよりも感じいい)

そんで、すぐに順番来てカウンターにー。

気の強そうなでっかいおばちゃんだ。

やけど、ブロークンなイングリッシュを辛抱強く聞いてくれた。

おけおけーって。

そんで、名前の修正•確認。

サインももう一度。

写真ももっかい撮り直す。

このめちゃくちゃな免許証は処分するってことでおばちゃんに渡す。

追加の費用も請求されず。

免許証届くまでの仮の免許証(紙切れ)を受け取って終了。

日本の住所宛に送ってもらうことも可能!

免許証は日本の住所に送ってもらうことも可能らしくて(しかも宛名も本人宛でなくてもOKだってさ)、

はじめは東京の友達の家に送ってもらおうと日本の住所を英語てきな書式で書いて渡したけど、

3Cho-Me(3丁目)ってなんなん?どこまでがストリートナンバー?、どこがサバーブで、どこがステートメントなん?

みたいな感じでお互いハテナやって、やっぱオーストラリアの友達のところに送ってもらうことにした。

よくあることなんかなー。

今回の場合、名前の間違いやったけど、友達の免許証は男なのにFemaleになってたり…。

とりあえず気をつけてー。

数日で届くみたい!今度はうまいこといってるといーな!

免許証届いたけど…。|Victoria州の免許取得」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です